トップページ > うつ病・パニック障害の認知行動療法

うつ病・パニック障害の認知行動療法

~うつ病自己チェック~

こころやからだの不調が続いていませんか?

1.1ヶ月以上毎日、憂うつな気分または沈んだ気持ちがする。
2.1ヶ月以上毎日、同ごとにも興味がわかない、いつも楽しめていたことが楽しめない。

上記のうち、当てはまる項目が1つでもある 方は少しでも早く医師にご相談してください

そのほか、以下のような症状があれば医師に伝えてください。

a.食欲の増減または体重の増減があった。
b.睡眠に問題がある。(寝つけが悪い、真夜中や早朝に目が覚める、寝すぎる)
c.話し方や動作が鈍くなり、いらいらしたり落ち着かない。
d.疲れを感じたり、気力がないと感じる。
f.集中したり決断することが難しい。
g.生きていたくないと思う。

気分障害の治療

うつ病になると、「こころ」と「からだ」の両方にさまざまな症状があらわれます。
治療は、とにかく休むこと。そして薬です。この2つがうつ病治療の基本です。
うつ病は、きちんと治療を受けることで必すよくなる病気です。
当院では、休養と薬により治療を柱として必要であればその他に治療法も組み合わせて、治療が行われます。

~治療内容~

☆薬物療法
うつ病治療の中心は抗うつ薬などのお薬となり、
うつ病の多くはお薬を服用することでよくなります。

☆精神療法
当院では患者さんに薬物療法、精神療法だけでなく心理教育や認知療法を入院・外来ともに実施しています。

☆光療法
入院時、光療法を行っています。

~抑うつ状態のための集団認知行動療法~

陽だまりの会

主にうつ病の方や双極性感情障害の方を対象に、認知行動療法を集団で学び、実践しています。
会の中では認知行動療法について資料を読み、自分の考えや感情、どんなことに困っているかを、自分で詳しく振り返り、記録用紙に記入して、発表します。発表では、他人の考えを聞くこともできます。
陽だまりの会は、困っていることを解決するよりも、認知行動療法を学び、自分のことについて『考え』、『気付き』、『表現』していくことを目指しています。看護師と心理療法士が参加し、毎週金曜日の13:45~14:45、1回1時間で実施しています。

※原則。2ヶ月全8回のプログラムを終えることが参加の条件となっています。
※当院入院、通院中で、主治医からの許可がある患者さんが対象です。

お問い合わせ
詳細
承認	協力型臨床研修病院、日本精神神経学研修指定病院 丘の上コラム パイナップル保育園
Copyright (C) Oita Okanoue Hospital,Inc. All rights reserved.