トップページ > 施設・病棟案内

施設・病棟案内

【Ⅲ病棟精神科急性期治療病棟】 ・思春期医療 ・摂食障害の治療 ・アルコール依存症の治療
【Ⅱ病棟精神一般病棟】 ・ストレス性疾患の治療に向けて ・病棟リハビリテーション 

Ⅲ病棟精神科急性期治療病棟

Ⅲ病棟は、定床60床の明るい光の差し込む病棟です。 思春期・摂食障害・統合失調症の急性期、アルコール依存症、気分障害の方などが守られた環境の中で治療しています。6床のPICUユニット、12床の個室を持ち、余裕のある居住空間と手厚い看護体制の中で、多職種からなるチーム医療を集中的に展開し、3ヶ月以内の早期の退院を目指す医療を行っています。  
入院後には合同面談を行い、多職種によるアプローチを図り、患者様とご家族に治療計画を説明し、話し合います。

思春期医療

思春期医療に欠かせないもの、それは心を癒す環境と全職種のスタッフがチームを組んで行う個々のケースに合わせた治療、そして患者様ひとりひとりの声に耳を傾け、苦しみを理解し共有する姿勢です。
専用カウンセリング・ルームでのカウンセリング、集団療法、さらにはご家族の方々が集まっての勉強会や懇談会を開いています。
病室はプライバシーが守られてる工夫がなされ、日常から離れた入院生活で自分ひとりの生活にこもらないようなスペースも設けています。

摂食障害の治療

最近増えてきているのが摂食障害の人たちです。自分が病気であることをきちんと認識した上で、病気を引き起こすきっかけになった出来事や背景になる自己卑下・自信喪失について考えていきます。
現実的な問題を解決しながら自信を回復し、ストレスを健全な方法で発散出来るようになるまで、本人、ご家族、治療者が一緒になって取り組むことが必要です。退院後も継続して集団精神療法などに参加して頂き治療を行います。

アルコール依存症の治療

アルコール依存症対象の病室にて、入院して解毒症状・離脱症状(2週間)が抜けてから合同面談を実施し治療契約を結んでいきます。
治療契約後は、アルコールリハビリテーション・プログラムを行います。
患者様、ご家族がお酒のない生活の見通しがもてること、回復のイメージを待っていただくととを援助します。
そのために退院後の生活も考えて地域の断酒会はどを紹介しています。

Ⅱ病棟精神一般病棟

Ⅱ病棟は定床65床です。
閉鎖処遇の病棟ではありますが、病状に応じた処遇を行っています。 中高年者の気分障害や慢性期の統合失調症の方などが療養されています。 5床のPICUユニット、個室6床(内2床は有料)を有しています。

急性期での治療を経て、入院が3ヶ月以上になる患者様へも積極的に退院支援を行っています。
(合同面談・ケア会議・施設入所の体験・見学の相談、調整など)また、作業療法、生活療法などのリハビリテーションを通じて、集中力や持続性を高めていけるよう、またより良い生活が送れるよう関わりを持ちながら今後の方向性を一緒にサポートしていきます。

ストレス性疾患の治療に向けて

一般的な精神病棟には適さない、うつ病や神経症などの症状を抱えた患者様を対象としたストレス性疾患の治療に必要なものは休息です。患者様のご希望で選べる個室も設けており、患者様のニーズを取り入れた様々な工夫が凝らされています。また、退院後の社会復帰を支緩するために全スタッフが日々患者様の思いや状態を確認しながら新たな生活環境づくりを援助しています。

病棟リハビリテーション

主に慢性期の患者様を対象としたリハビリテーションを行っています。
年齢とともに起こってくることの多いさまざまな身体の痛みの緩和や、身体機能の維持・向上を目的に、ホットパックや体操を行っています。季節感を感じたり他者との交流を楽しむレクリエーションも行っています。

お問い合わせ
詳細
日本医療機能評価認定病院 承認	協力型臨床研修病院、日本精神神経学研修指定病院 丘の上コラム パイナップル保育園
Copyright (C) Oita Okanoue Hospital,Inc. All rights reserved.