トップページ > 地域生活サポートステーション

地域生活サポートステーション

【デイケア】 【デイナイトケア】 【訪問看護】  

地域生活サポートステーションとは、退院して自宅やアパートなどで生活していく人たちの支援センターです。
訪問看護、大規模デイケア、デイ・ナイトケア、共同住居花梨をメインにしています。
今後は社会復帰施設のご案内や住居探し、グループホームや共同住居などの開拓を行っていく予定となっております。

デイケア

社会参加、社会復帰を目指す方が様々な活動を通じて楽しみながらリハビリテーションを行っています。
生活リズムや対人関係を改善し、病気の再発防止、健康的で明るい家庭生活や社会生活を取り戻す事を目標に、日々プログラムに取り組んでいます。医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士等がデイケアスタッフとして働いています。
10代~60代まで幅広い利用者の方が自分にあった活動をスタッフと相談しながら参加されています。


活動日・活動内容

月~土曜。文化的活動(陶芸、革細工、ビーズ細工等)、スポーツ(ソフトボール、フットサル、卓球等) 就労前訓練(就労トライアル、喫茶)生活訓練等。
その他ではカラーアートセラピーと、リラクゼーションヨガなど行っています。年に2~3回、家族も一緒にデイケアの体験をできるファミリーデイを実施しています。

デイケアスタッフからの耳より情報

デイケア就労トライアルの一つとして、喫茶店をしています。
就労の前段階としてウェイター・レジ・厨房などの業務を学び、学んだ事を喫茶店で実践し社会性を身につけることを目的としています.
Cafe hilltop(デイケア喫茶)
開店日:月・水 10:20~11:50

デイケア年間活動

季節毎に「季節のプログラム」を実施し、行事の由来を知り、また実際に行ってみて、学ぶ機会としています。
その他、キャンプ・忘年会・ソフトボール交流戦等があり、他施設との交流も図っています。

今月のプログラム

デイナイトケア

大分丘の上病院では、月曜日から土曜日にデイケア、月・水・金曜日にデイナイトケアを実施しています。
花梨の活動の場として、各種プログラム・行事を行い、昼食と夕食の提供をしています。

デイ・ナイトケアのプログラム・活動日に準じて実施しています。昼間に活動して夜休息をするといった基本的な生活習慣、生活リズムをつくることができるようにサポートしています。デイケアと違い、昼食だけでなく夕食を他のメンバーと共に過ごします。

訪問看護

~訪問看護とは?~

地域や家庭で治療継続しながら、自分らしく生活を続けていくための支援方法のひとつです。看護師、精神保健福祉士、作業療法士が直接ご自宅に訪問し、お話を伺います。 症状、薬に関することだけでなく、日中の過ごし方、家族・友人との接し方等、身近な悩みも一緒に考えていきます。


【目的】

・服薬に関するアドバイス
・症状悪化の初期発見および対応
・通院を中断した場合の治療継続の働きかけ
・治療継続を阻む諸問題の解決援助
(経済・教育・就労等)

訪問実施に関して

・月曜日~金曜日(日・祝日を除く)1回の訪問看護は30分間となります。
・訪問の際は病院名の入った車は使用しません。
・訪問スタッフはいずれも私服で伺います。
・定期的な通院は必要となります。
・地域によっては曜日指定をさせていただくこともあります。

【費用】

・訪問看護は医療保険適用されます。
・1回30分実施で、1,730円(3割自己負担)
・580円(自立支援医療1割自己負担)

※ご不明な点がございましたら、ご相談下さい。

 


お問い合わせ
詳細
日本医療機能評価認定病院 承認	協力型臨床研修病院、日本精神神経学研修指定病院 丘の上コラム パイナップル保育園
Copyright (C) Oita Okanoue Hospital,Inc. All rights reserved.