トップページ > もの忘れ・BPSD外来のご案内

もの忘れ・BPSD外来のご案内

認知症の患者様を介護しておられるご家族、施設職員の方々へ

当院のものわすれ・BPSD外来は、認知症の介護をされておられる方々の負担を少しでも減らすお手伝いをさせていただくために開設されました。

ものわすれはともかく、BPSDとは聞きなれない言葉ですよね。
これは、Behavioral and Psychological Symptoms of Dementiaの頭文字をとったもので、認知症の中核症状(記憶障害、見当識障害、判断力の低下など)に随伴してみられる症状で、認知症に伴う行動・心理症状の事です。
同じ認知症でも、穏やかに過ごすことのできる中核症状のみの方もおられれば、易怒・妄想幻覚・不眠・暴力暴言・徘徊・介護括抗・過食などのBPSD、とりわけ陽性症状と呼ばれる興奮性の症状のために介護に多くのエネルギーを要する方もおられます。

認知症の治療に対しては、最近、回想法やユマニチュードなどに代表されるような、薬に頼らない非薬物療法が数多く提唱されるようになってきており、認知症患者様の状態の安定のために一定の効果を上げていると思います。

しかし、陽性状態の真っ只中におられるBPSDの患者様に、それらの非薬物療法のみで対応しようとするのは、介護をされておられる方々にかなりの負担を強いる事になるのではないかと思います。
同じエネルギーを使うのであれば、お薬で患者様の陽性症状を改善していきながらそれらの非薬物療法を行った方が、よりいっそうその効果が現れるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

当院のものわすれ・BPSD外来では、そのような認知症患者様の易怒・妄想幻覚・不眠・暴力暴言・徘徊・介護抵抗・過食なとBPSDの陽性症状を「適切な薬物療法」を通して改善することで、患者様ご自身に楽になっていただくのはもちろん、何より頑張って介護しておられる方々の負担を減らすことを大きな目標としています。

そのようなBPSDの陽性症状に対しての薬物療法、と聞くと認知症患者様を薬で無理やり抑えつける、というイメージを持たれる方もおられるかもしれません。
しかし患者様のその時その時の症状をきちんと把握した上で、その症状にふさわしいお薬を適切な量だけ用いることで患者様にとっても負担の少ない治療を行うことが可能です。
また当院では、そのようなBPSDの症状にも効果があるとされている健康食品(サプリメント)の併用も推奨しています。
ただし、サプリメントは私費になりますが・・・

当院のものわすれ・BPSD外来では、そのようなBPSDの陽性症状を呈しておられる認知症患者様への「適切な薬物療法」を通して、介護されておられる方々に1日でも早く楽になっていただくことを目標に診療を行っています。
上記のようなBPSDの陽性症状でお困りの方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか?

認知症Q&A

Q 認知症は治るんですか?

A 認知症の中核症状は、抗認知症薬で進行を遅らせることはできても、治すことは困難です。
しかし、BPSDの陽性症状はそれぞれの症状に合った薬を処方することで症状のコントロールすることが可能です。
ですから、介護が困難となっている症状(怒りっぽい、暴力を振るうなど)でお困りであれば、一度相談をされてみてはいかがでしょうか?

Q 興奮状態になる原因はなんですか?

A 原因として番多いのは、薬の影響が考えられます。特に抗認知症薬による興奮状態です。
認知症の治療のために使われている薬の副作用でかえって興奮状態となる場合がかなりの頻度で見受けられるのです。
介護をしている方は、一度飲まれているお薬で興奮状態になっていないかチェックしてみることをお勧めします。

Q 自分たちができることはありませんか?

A 当院では、医師と相談をしながら、介護される方が患者様に飲ませる薬を調整することをお勧めしています。
身近で観察しておられる介護者の方々が、患者様の様子を観察しながら一番あう薬の置を調節して飲ませて頂きたいと考えています。

Q どのような検査を行うのですか?

A 心理検査、血液検査、頭部CT検査など行います。
必要に応じて、より詳しい画像検査を、大分医療センターに依頼することもあります。

お問い合わせ
詳細
日本医療機能評価認定病院 承認	協力型臨床研修病院、日本精神神経学研修指定病院 丘の上コラム パイナップル保育園
Copyright (C) Oita Okanoue Hospital,Inc. All rights reserved.
ホームページ制作 福岡