トップページ > 研究情報の公開について

研究情報の公開について

研究情報の公開について(オプトアウト)

オプトアウトについて

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明を行い、同意を得た上で実施します。

臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や介入もなく、カルテ記録など診療情報などの情報のみを用いた研究については、国が定めた指針に基づき、対象となる患者一人ずつから直接同意を得る必要はありませんが、研究の目的を含めて、研究に関する情報を公開し、さらに対象となる方が研究への参加を拒否できる機会を保障することが必要とされております。このような手法をオプトアウトと言います。

当院での研究は、すべて倫理委員会で承認をうけて実施されています。なお、研究への協力を希望されない場合は、倫理委員会の担当者までお知らせください。臨床研究の参加はあくまで患者さんの「自由意志」が尊重され、研究への協力を希望されない場合でも、診療上の不利益を受けることは一切ありません。

医学研究への向上、貢献にご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
オプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。

当院でオプトアウトを行っている臨床研究

臨床研究名称名 責任者名
職種に応じたリワークプログラムの効果検討(PDF) 帆秋 有里子
お問い合わせ
詳細
承認	協力型臨床研修病院、日本精神神経学研修指定病院 丘の上コラム パイナップル保育園
Copyright (C) Oita Okanoue Hospital,Inc. All rights reserved.